乾燥肌になる間違った入浴法してませんか?

テレビを見てたら皮膚科の専門医が出ていて
乾燥肌の対策法だとか
実は間違い、間違った入浴法をやってたので見てると

 

1 湯船に入って身体を温めてから身体を洗うのはダメ
皮膚の表面の油脂が剥がれてしまうので
湯船に入る前に身体を洗う方がいい

2 身体をナイロンタオルなどでゴシゴシ洗わない
皮膚を傷つけてしまうので
泡立てた石鹸で手でなでるように洗うだけで十分

3 熱いお湯に入らず、38~40度のぬるめのお湯に10分ぐらい入る

4 身体から湯気が出てる間に、保湿クリームなどを
  身体全体に塗り保湿効果を高めると効果的

 

4つの条件をあげて話してましたが
テレビ番組のゲストも人それぞれで

 

この時期は寒いから湯船に入って温まってから身体をあらうとか
湯船で温まって皮膚を柔らかしてからじゃないと
身体の汚れが取れないから湯船に入るなどなど

 

タレントさんの意見を聞きながら突っ込みもありながら
皮膚科の先生は一貫して4つの条件を話してました

 

乾燥肌にならない対策方法の一番は
湯船に入る前に、手で身体をなでるように石鹸で洗い
ぬるめの湯船に10分程度入った後
身体から湯気が出てる状態の時に保湿用の乳液やクリームを塗る

 

これが乾燥肌対策に効果があると言うことなんですね
皮膚科の先生が言うことなので 今まで間違った入浴法をしてた方は
乾燥肌対策! まずは素直に実行してみましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です